家政婦のミタ15分拡大版を見ました。

最終回ということで、何回、涙を誘われるかなと思って見ていました。3から4回くらい涙を誘う場面が会ったと思います。自分の最後の学生生活とミタさんの状況とがかなり告示していたので、同情して泣いてしまった場面がいくつかありました。ドラマでは、最後をまとめるために最終的には少しだけ笑顔になれる終わりを作っていましたが、ぼくのリアルの学生生活では最終回まで笑顔になれない状況でした。学生生活が終わった時点で笑顔を取り戻せましたけど。でもやっぱりミタさんと一緒で気にいられようと一生懸命になった相手に言われる心を切り刻むようなひとことで、ぼくも十字架と同じようなものを背負った感覚で学生生活を過ごしていました。ドラマでは、絶対に誰かが解決をしてくれます。リアルではそんなにうまいこと、解決なんてしてくれません。自分自身の人生と重ね合わせて、合致するカ所が多ければ、多い程、ドラマはシナリオ通りに事が進んでいいなあと思います。

羽毛布団 通販

SEO 大阪

シャネル 中古

新居浜 賃貸

病院 保育